中田製作所

用語集

用語集 - ODF Mill(オービタル ダイ フォーミングミル)

ODF Mill(オービタル ダイ フォーミングミル)

ODFとは、Orbital Die Formingの略で、『無限軌道上を旋回する連結された金型列を用いて金属管を成形する手法/装置』です。

ODFのコンセプト

成形ロールの直径を大径化すると、三次元変形がプレス成形の様な二次元の断面内変形に近づき、被成形材との接触面積が増え接触応力が下がり、周速差がなくなり滑りが減少するなど、ロール成形法の問題点を解決できることが明らかとなりました。しかし巨大直径の成形ロールを使用することは、設備自体が大きくなり現実的ではありません。そこで巨大成形ロールと同等の孔型を成形直下でのみ形成するという発想に転換しました。成形ロールを連続する金型列に置き換え、成形区間では金型同士が密着して1つの巨大成形ロールと同等の成形効果を発揮し、それ以外の区間では金型は分離して最短経路で回帰するという効率的な加工法「ODF = Orbital Die Forming」を開発し、実用化しました。

成形ロールの直径を大径化すると、三次元変形がプレス成形の様な二次元の断面内変形に近づき、被成形材との接触面積が増え接触応力が下がり、周速差がなくなり滑りが減少するなど、ロール成形法の問題点を解決できることが明らかとなりました。しかし巨大直径の成形ロールを使用することは、設備自体が大きくなり現実的ではありません。そこで巨大成形ロールと同等の孔型を成形直下でのみ形成するという発想に転換しました。成形ロールを連続する金型列に置き換え、成形区間では金型同士が密着して1つの巨大成形ロールと同等の成形効果を発揮し、それ以外の区間では金型は分離して最短経路で回帰するという効率的な加工法「ODF = Orbital Die Forming」を開発し、実用化しました。
ODF MILLとは

ODF Millは連結された特殊な孔型を持つ多数の金型が成形の進行とともに被成形材の動きに合わせて移動する新しい成形方法・装置です。金型は旋回しながら周回するという複雑な動きをしますが、機構を工夫して小型化と高剛性を実現。本技術は、パイプの品質や生産性の向上だけでなく、30インチを超える大径パイプの連続生産に適用できるうえ、一つの設備で素材にプレート材とコイル材の両方を用いることや、従来の速度を大きく上回る高速レーザー溶接による造管を可能にするなど、造管プロセスの既成概念を大きく変革するものです。

ODF MILLとは

お問い合わせ

資料請求・お見積りなど
お気軽にお問い合わせください。